情報発信 成功マインド

アクセスを集めるために効果的な集客の方法

投稿日:2017年7月25日 更新日:

こんばんは@あきらです。

 

今回は、アクセスを集めるために

効果的な集客の方法について紹介します。

 

どんなにいい商品を扱ったとしても

売る相手がいなければ話になりません。

 

ブログにアクセスを集めるには

集客記事を効果的に書くことが必要です。

 

アクセスを集めるためには、

集客記事が上位表示されなければなりません。

 

集客記事の検索順位が低ければ、

当然アクセスは少ないですし、

稼ぐことはできません。

 

多くの人が集客に躓いて、

上手くアクセスを集めることが

できないために挫折していきます。

 

要するに自分の記事が

上位表示されないことに

手こずっているわけです。

 

というか、上位表示されるような記事を

どのように書いていいか分かっていないんです。

 

僕も以前はなかなかアクセスが集まらずに

苦戦したことがあり、師匠にアドバイスを求めたところ、

検索して上位表示されている記事に

すべて勝つ記事を書けばいい。

と言われました。

 

上位表示されている記事をすべて調べたうえで、

その記事を上回る記事を書くということです。

 

上位表示されている記事のいいところを

自分なりの言葉で、初心者にも分かりやすく

書けばいいということです。

 

要は後出しじゃんけんなので、

そんな記事を集めれば、

嫌でも良い記事が書けるし、

アクセスが集まるというんです。

 

しかし理屈は簡単ですが、

実際に書くのは決して簡単ではありません。

 

そのアドバイスを元に1つずつ記事を丁寧に、

自分なりの解釈で、初心者が読んでも分かるように

書いていくと、徐々にアクセスが集まってきます。

 

ただし、ここで重要なのはアクセスの質です。

 

どんなアクセスでもいいから、

とにかくたくさん集めればいいわけではなく、

自分のブログに集めたい属性のアクセスのみに

絞った上でアクセスを集めなければ意味がないんです。

 

僕のような情報商材系のブログであれば、

情報商材で稼ぎたいという人がターゲットになります。

 

そのような属性のアクセスを集めるには、

ネットビジネスで稼ぐ情報商材の名前、

販売者名などが適しています。

 

そのようなキーワードで検索してくるアクセスは、

これから情報商材を買おうとしているお客が

レビューを知りたくてその情報商材名や

販売者名のキーワードで探しているわけです。

 

要するに購買意欲があって、

その上でレビューを探しているわけですから、

少なくても暇つぶしでネットサーフィンをしている

アクセスとは質が違います。

 

そんな購買意欲があって検索してきた人に対して、

その人が知りたがっている情報を満足できる

レベルで提供すれば、その人は

「この記事はためになる。他の記事も読んでみたい」

と思って他の記事も読んでくれるかもしれません。

 

そこでまた、ためになったと思える記事であれば、

ブックマークしてくれるかもしれませんし、

商品を購入してくれるかもしれません。

 

集客記事の目的は属性を絞ったアクセスを集めて

商品を購入してもらうことが目的ですから

とにかく質の高い記事でなければなりません。

 

これは、集客記事に限ったことではなく、

全ての記事に言えることです。

 

質の低い記事、読んでも大して為にならないような

質の低い記事であれば

「他の記事を読んでみたい」

とは思ってもらえませんし、

途中でページを閉じられるかもしれません。

 

そうなったら、読者の滞在時間も短くなり、

グーグルからの評価も低くなります。

 

そのような質の低い記事、

ページを途中で閉じられてしまうような記事を

一記事たりとも投稿してはいけないということです。

 

質の低い記事とは、読者の求めている情報に対して

的外れな記事や読んでもためにならない記事、

価値を感じない記事、内容の薄い記事の事です。

 

SEOの観点からも質の低い記事は

ブログ全体の評価すら下げてしまうので、

そんな記事を投稿するくらいなら

2,3日かけてでも質の高い、

内容の濃い記事を書くべきです。

 

質の高い記事を書くために時間と労力を惜しんではいけません。

少しでも手を抜いたような記事だと

読者にもその手抜き感は伝わり、

読者にもグーグルにも価値のない記事だと判断されてしまうのです。

 

集客記事を書く際のタイトルのつけ方、

記事を書くポイント情報商材のレビューを

書くことが質の高いアクセスを集める

集客効果の高い方法であるのは説明しましたが、

その際の記事タイトルのつけ方、

記事を書く際のポイントについて解説します。

 

記事タイトルは商品名、販売者名を入れることは

説明しましたが、それにプラスした

複合キーワードを入れると

さらに高い集客効果を引き出せます。

 

複合キーワードとは、商品名や販売者名で

検索するような人が併せて入力しそうなキーワードのことです。

 

例えば、商品名、販売者名、評価、評判、レビューなどです。

 

このような複合キーワードを入れて検索する人は

更に購買意欲が高いと推測できます。

 

それらのキーワードを組み合わせて、

後は読者により興味を持ってもらえるような

タイトルをつけるといいと思います。

 

そうして記事タイトルをつけたなら、

そのキーワードを記事本文に散りばめられていると、

グーグルに評価されやすくなります。

 

記事タイトルに入っているキーワードが

記事本文に散りばめられていると

グーグルは記事タイトルに関する記事が

ちゃんと書かれていると認識するためです。

 

かといって、不自然に多用すると

逆に評価を下げてしまいますので

あくまでも自然に散りばめてください。

 

要は内容がしっかりした質の高い記事を

書いていれば自然と関連キーワードも入るので

あくまでも自然な感じがベストです。


老後資金に必要なのは、最低でも60歳で3,000万円だそうです。

仮にあなたが現在、30歳で貯金が0だとして、60歳までに3,000万円貯めようと思ったら30年で3,000万なので1年で100万、月に約8万円を貯めないといけません。

これだけの貯蓄を、今の生活の状態から生み出せるでしょうか?

ネットビジネスならノーリスクで、毎月20万、30万稼ぐことも可能です。


本当に必要なのは自分で稼ぐ力です。


しかし、それが1か月でも遅れると、苦しくなるのが分かると思います。

ということは1日でも早く稼ぐ力を身に着ける必要があります。


僕も、詐欺まがいの情報商材を買い続け、最終的にアフィリエイトという道に進みました。詳しい内容は下記に記載しています。




初心者の方には初期投資がほとんどかからず、在庫リスクも少ないアフィリエイトをお勧めします。

あなたもアフィリエイトで安心できる将来を手に入れませんか?


僕のサイトでは、おすすめの教材を紹介しています。
参考にしてもらえたら嬉しいです。




また、質問、疑問などがあれば、気軽に下記から連絡してください。
ネットビジネス以外のご質問でも何でも聞いてください。

GoogleAdsense




GoogleAdsense




-情報発信, 成功マインド

執筆者:

関連記事

爆売シッピング「ヨコ盗リッチ」(山下 慎一郎)について

スポンサードリンク こんばんは@あきらです。   今回は『爆売シッピング「ヨコ盗リッチ」(山下 慎一郎)』 について紹介します。 企業名 合同会社エルエスエム企画 担当者氏名 山下慎一郎 所 …

アフィリエイトは副業なのか?会社にバレたらどうなる?就業規則でクビになる?税金はどうすれば良い?

こんばんは@あきらです。     今回は、アフィリエイトを副業で行った場合についてご紹介します。       僕もそうですが、大多数の人は 副業からア …

【限定公開】業界崩壊で荒稼ぎする人が続出…!?バブル到来間近の市場がヤバイ…

スポンサードリンク こんばんは@あきらです。   今回は、バナナデスクさんから 特別なオファーがありましたので ご紹介します。   内容を読んで興味を持たれた方は参加をお勧めします …

ワードプレス(WordPress)でサイトを構築する方法

こんばんは@あきらです。   今回はワードプレス(WordPress)で サイトを構築する方法を 調べましたのでご紹介します。   以前に、Seesaaブログで 独自ドメイン設定を …

【第0話】はじめまして、あきら と申します。

こんにちは@あきらと申します。   たくさんあるブログの中からこのブログに足を運んでいただきありがとうございます。     目次1 毎月10万円増えたら?2 ネットビジネ …

はじめまして、あきらと申します

はじめまして、あきらと申します。

僕は、ある事情で会社を休職になり、不用品を販売する「せどり」で副業を始めました。

そこで味を占めてから、ある高額セミナーで転売に参加しましたが、販売者に裏切られ、入会金からすべてがパーに

その後、いろいろなネットビジネスの教材を購入しては失敗を繰り返し、費やした費用は100万円近くに。

ここでは、僕がネットビジネスで試行錯誤したことを教訓に良いネットビジネスと悪いネットビジネスを紹介しています。

 

下記に詳しい話が書かれています。

⇒あきらの自己紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク

記事を検索

初心者におススメの教材ランキング