体験談 情報発信 アフィリエイト

WordPressを更新後に記事を投稿しようとすると「エディターで予期しないエラーが発生しました」が表示される!原因はWordPress5.0のエディターが「Gutenberg」に変更されたから?

投稿日:

スポンサードリンク

こんばんは@あきらです。

 

今回は、WordPress5.0に更新したのち、記事を投稿しようとすると

「エディターで予期しないエラーが発生しました。」

と表示されてしまったでその対処方法を紹介します。

 

これは、WordPress5.0から記事の投稿画面のエディターが

Gutenberg」というものに変更されたのが原因のようです。

 

「エディターで予期しないエラーが発生しました。」の原因はWordPress 5.0のテキストエディター「Gutenberg」?

WordPress 5.0でエディターが「ブロックエディタ

というものに変更となり、文章入力が「ブロック

と呼ばれる単位で管理されるようになりました。

 

ここに、テキストで書き込んでおいた記事をコピペすると

「エディターで予期しないエラーが発生しました。」

と表示され、「復旧を試みる」「投稿内容をコピー」「エラー分をコピー」の

3つを選択する画面に切り替わります。

 

試しに「復旧を試みる」をクリックすると、

一時的に元の画面が表示されるのですが、しばらくすると

「エディターで予期しないエラーが発生しました。」

が再度表示されます。

 

投稿内容をコピー」と「エラー分をコピー」はクリックしても何も起こりません。

 

投稿一覧」や「固定ページ一覧」で記事の閲覧は可能なので、

おそらくWordPressのエディターが

何かを読み取ってエラーが発生していると考えられます。

 

WordPress5.0でテキストエディター「Gutenberg」で以前の記事を編集してみる

試しに、更新前に投稿してある記事を読み込んでみました。

 

・・・特に問題なく開けます。

 

しかし、編集方法が分かりません。

 

さらに今まで存在していた、太字、文字色などのメニューがなくなっています。

 

エラーの原因はWordPress5.0の「Gutenberg」エディター?

これらはWordPress5.0のエディターが

Gutenberg」エディター

に変更されたことが原因のようです。

 

WordPress5.0に導入された

Gutenberg」エディターは

今までと全く違います。

 

僕もこれに戸惑ってしまいました。

 

ブログの投稿ページが変更になって、

今までのエディターのように

太字や文字色を変更するアイコンが表示されていません

 

投稿の方法もひとつのエディターに

すべての項目を入力するものではなく、

各ブロック(見出しや段落、画像など)を作成して、

記事やページを書き上げていくイメージです。

 

正直、今までのエディターになれている僕は

かなり使いづらいと思いました。

 

それでも、これからのWordPressは、

Gutenberg」になると予想されますので、

使い方を勉強しておいたほうが良いかもしれません。

 

WordPress5.0の投稿エディター「Gutenberg」の使い方

Gutenberg」には、多種多様な使い方があり、

それだけで一冊の本になってしまうほどなので、

まず、初歩的な使い方を紹介したいと思います。

 

基本的な画面の構成は今までのエディターと同じで、

左カラムにメインの入力項目、

右カラムに投稿の公開やカテゴリ、

タグなどの項目があります。

 

右上にある、歯車アイコンで

右カラムの表示/非表示を変更することができます。

 

WordPress5.0のエディター「Gutenberg」のブロック要素とは?

Gutenberg」では、各項目が

ブロック

に分かれているので、

まずはこれに慣れる必要があります。

 

通常の文章だけであれば、

ブロック」を気にすることはありませんが、

見出しや写真を入れるだけでも

ブロック」が必要になります。

 

ブロック」の追加方法は、

「+」のアイコンをクリックするだけです。

ブロック」には各要素があり、

それらを選択して作成していきます。

 

※「ブロック」の要素を選択すると、

右カラムのメニューが要素によって変わります。

 

ブロックメニューを編集することで

表示内容が自動的に変更されるので、

色々な「ブロック要素」を試して、

右カラムのメニューがどのように変わるのか

試してみてください。

 

WordPress5.0のエディター「Gutenberg」のブロック要素の使い方

ここでは、よく使う「ブロック要素」を紹介します。

 

見出しブロック

ブログで必要な「見出し」を書くときに使用します。

今までは、文字を記入後に「見出し

を選択すれば終了です。

 

Gutenberg」では、

最初に「一般ブロック」→「見出し」を選択します。

見出しの「ブロック」が表示されるので、

見出しの文字を入力します。

ここで、見出しの順位(H2やH3)などの編集もできます。

 

画像ブロック

記事の中に「画像」を挿入する場合に使用します。

 

今までは「メディアの挿入」で

画像を選択すれば画像が記事内に挿入できました。

 

Gutenberg」では、

一般ブロック」→「画像」をクリックします。

画像の挿入方法が画面に表示されるので、

任意の方法を選択して画像を挿入します。

画像ブロック」と同様に「一般ブロック」の項目で、

カバー」や「ギャラリー」というものがありますが、

ギャラリー」はこれまでのエディターと同様、

画像ギャラリー」を作成することができ、

カバー」は画像の上にテキストを重ねて表示ができる

ブロック」になっています。

 

リストブロック

リストブロック」は使用頻度は少ないと思いますが、

いざというときのために紹介しておきます。

 

箇条書きなどで、

文頭に「・」や「1」などを付けるときに使用します。

 

一般ブロック」→「リスト」を選択します。

 

項目の入力方法は前のエディターと同じで、

改行すると文頭に「・」や「2」

が付くようになっています。

 

クラシックブロック

Gutenberg」を使う上で重要なのが

クラシックブロック」です。

 

クラシックブロック」を使用すると、

【以前のエディタ画面】を使用することができます。

 

フォーマット」→「クラシック」を選択します。

すると、画面上部に見慣れた

以前のメニューが表示されます。

なるべくなら、「Gutenberg」エディター

を使用してもらいたいのですが、

テーマ固有」や「自作」のショートコードは

Gutenberg」のエディターでは

使用することができないので

Quicktags」を使ってショートコードを

読み込んでいる場合は

クラシック」は必須となってしまいます。

 

ただし、旧エディターのメニューになるだけで、

エディター自体は「ブロック型」なので、

以前のようにコピペで投稿したい場合は

下記に記載した

「Classic Editor」

を使用する必要があります。

 

カスタムHTMLブロック

記事の投稿時にHTML形式で

ソースを入力したい場合に使用します。

 

フォーマット」→「カスタムHTML」を選択します。

HTML形式で記述されている記事をコピペします。

以前は、更新の際にWordPressの仕様で

ソースが勝手に変更されてしまう現象があったのですが、

Gutenberg」の「カスタムHTML」では、

そういうことはなくなったようです。

 

WordPress5.0の「Gutenberg」エディターではなく、以前のエディターが使用したい場合

Gutenberg」の簡単な使い方を紹介しましたが、

「どうしても今までのエディターが使用したい!」

という方は、きっといるでしょう。

 

僕もそうです^^;

 

いつかは「Gutenberg

に変更しなくてはならないとは思っても

 

作業効率を考えると、

しばらくは以前のエディターを使用したい。

 

以前のエディターを使用したい場合は、

プラグイン」→「新規追加」を選択し、

キーワード」に「Classic Editor」と記入すると表示されるので、

今すぐインストール」をクリックします。

インストール後に、「有効化」すれば使用できるようになります。

 

【まとめ】WordPress5.0のエディター「Gutenberg」はこれからの主流か?

今回のWordPress5.0へのアップデートから、

WordPressとしては、旧エディターから

Gutenberg」エディター

を主流にしていくことが予想されます。

 

旧エディターに慣れている人(僕)からしてみると、

使いづらくなっているだけなのですが、

Gutenberg」は感覚的に投稿や

固定ページを作成することができ、

ページ作成の知識がなくても

カラム分け」や「リンクボタンの作成

ができるようになっています。

 

今までは、テーマやプラグインの機能を使うことで

そのあたりはできたのですが、

今後はWordPressがその役回りも

するようになっていくのでしょう。

 

WordPress5.0のエディター「Gutenberg

は悪くもないし、今後の主流だと考えると

早めに操作を習得しておいたほうがよさそうです。

 

しかし、テキストで記事を記載しておいて、WordPress5.0に

記事をコピペで作業をしたい人(僕)からすると、

しばらくは「Classic Editor」エディター

を使用するしかないのかもしれません。

 

GoogleAdsense

GoogleAdsense

-体験談, 情報発信, アフィリエイト

執筆者:

関連記事

「YTM∞(YouTubeトレンドマーケティング無限、バナナデスク)」は稼げるのか? 詐欺 評価 評判 実践 レビュー

こんばんは@あきらです。   今回は、 「YTM∞(YouTubeトレンドマーケティング無限、バナナデスク)」 の情報商材についてご紹介します。   YouTubeではもう稼げないという方も多くいます …

「The NewAGE Project (小西玲太郎)」は稼げるか?詐欺 評判 評価 実践 レビュー

スポンサードリンク こんばんは@あきらです。   今回は「The NewAGE Project (小西玲太郎)」について紹介します。   「The NewAGE Project ( …

YTM∞ & 下剋上(バナナデスク)「Winner Side Web」セミナーを受講しました

こんばんは@あきらです。   今回は3/19 21:00から開催された 「YTM∞と下剋上のWEBセミナー」 Winner Side Webを受講しましたのでご紹介します。   「YTM∞」と「下剋上 …

トレンドアフィリエイトはサッカーで学ぼう!

スポンサードリンク こんばんは@あきらです。   今回は、トレンドアフィリエイトで稼げるのか?を紹介します。   また、その理由、口コミ、実践レビューについても記載していきます。   結論から言うと、 …

「買付代行サービス(山下慎一朗)」は「ヨコどリッチ」のリメイク?本当に稼げるのか?詐欺 評価 評判 レビュー

スポンサードリンク こんばんは@あきらです。   先日、「山下慎一郎」のLINEにこんな内容が書かれていました。 いよいよ買付代行サービスを開始致します。お小遣い稼ぎに興味ある方はご連絡して …

はじめまして、あきらと申します

はじめまして、あきらと申します。

僕は、ある事情で会社を休職になり、不用品を販売する「せどり」で副業を始めました。

そこで味を占めてから、ある高額セミナーで転売に参加しましたが、販売者に裏切られ、入会金からすべてがパーに

その後、いろいろなネットビジネスの教材を購入しては失敗を繰り返し、費やした費用は100万円近くに。

ここでは、僕がネットビジネスで試行錯誤したことを教訓に良いネットビジネスと悪いネットビジネスを紹介しています。

 

下記に詳しい話が書かれています。

⇒あきらの自己紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク

記事を検索

初心者におススメの教材ランキング