40歳から始めるおすすめの副業!中年サラリーマンがトレンドアフィリエイトで稼ぐ方法

まるでパズル感覚で作れる!「Phoenix(フェニックス)」でポータルサイトを自動構築

2019/09/29

こんばんは@40代サラリーマンのあきらです。

 

今回は大量のアクセスを見込めるポータルサイトを、簡単に作れるソフトを紹介していきます。

 

ポータルサイトは多数のホームページが集合するために、通常のサイト運営に比べてアクセスが集まりやすいのが特徴です。

 

もちろんSEOでも有利な面があり、検索結果上位になっているケースも良く見当たります。

 

普通ならポータルサイトは作るのは難しいと感じるかも知れませんが、これから紹介する「Phoenix(フェニックス)」は、パズル感覚で比較的簡単にできてしまうと言う優れもの。

また肝心のコンテンツについても自動で集めてページを作ってくれると言う便利さがあります。

 

 

 

Phoenixを使ってできること

PhoenixはYahoo!のようなポータルサイトの作成に特化したソフトウェアです。

これを使えばHtmlやCSSという横文字についてあまり詳しくなくても、またブログパーツを使ったりするのが苦手でも、ポータルサイトを作ることができます。

 

このタイプのサイトは普通なら作るのが難しくて、自分で勉強するのはとても苦労します。

 

ホームページ制作会社に依頼しても、難易度が高いために数十万円クラスの請求になることも珍しくありません。

 

ところが「Phoenix(フェニックス)」なら、パズルを組み立てるような気軽さで、ポータルサイトを作っていけるのです。

 

気をつけたいのが簡単に構築できると言っても、デザインがイマイチだったりと品質面で安心できるかと言う点でしょう。

 

せっかく作っても品質が駄目だと、やはり収益性はあまり見込めません。

 

しかし「Phoenix(フェニックス)」はしっかりしたサイトが作れますし、加えて内容が他のサイトと丸かぶりするようなリスクも防いでくれる仕組みがあります。

 

オリジナリティーがあって、きちんとしたポータルサイトを運営したい時には、役立ってくれそうです。

 

更にサイト構成については、ユーザーの自由度が高められている設計になっているのも嬉しいポイントとなります。

 

他のソフトでしたら重要な部分を自由にイジれない、と言うこともままあるのですが、「Phoenix(フェニックス)」は割とカスタマイズ性があるのが強みで、多彩な部分を設定可能です。

 

この特徴のために他のサイトとかぶってしまうのを防ぎたい時には、Phoenixはリサーチしておきたい一品となっています。

 

 

自動更新に工夫があるのも好印象

Phoenix(フェニックス)」は簡単にポータルサイトを構築するだけではなく、中身となるホームページをネットで探してきて、コンテンツを自動で作ってくれるのも大きな魅力です。

 

アフィリエイトは当然としてWEBマーケティングでは、記事数が収益性の鍵になると言うことは余りにも有名となりました。

 

そこで多数のアフィリエイターが日々、地道に記事を執筆しているので、新参者がこれに立ち向かうのは難しい面があります。

 

すでに数年がかりで記事を要しているサイトが増えてきているために、これに追いつき追い越すのは中々の骨折りなのです。

 

ところが「Phoenix(フェニックス)」なら自動で記事を作ってくれるために、何もしなくてもコンテンツが充実していきます。

 

特に何かの作業が必要になるわけではないので、PCの電源を落としている間も、コンテンツが自動で増え続けることになります。

 

まるごと任せられるので、自身は広告の設定やアクセス解析など、他の重要な作業に集中できるのが大きなメリットとなるでしょう。

 

もちろん自動更新機能は不安、と言う方の場合は記事を編集したり、自身でオリジナルのページを作ることも可能です。

 

このために大まかなデータは「Phoenix(フェニックス)」に集めさせておいて、出来上がったページに加筆修正して充実度を高めていくような使い方もできるようになります。

 

この方法ですと他のサイトとの被りを更に抑制できるようになりますし、自身のこだわりの要素を盛り込んでいくことも可能です。

 

とにかく他サイトと被りやすいのが普通のソフトのウィークポイントなので、「Phoenix(フェニックス)」はこの問題をしっかりと除去しようと言う試みが見て取れます。

 

 

Phoenixの使い方と使用条件

自動生成ソフトウェアは便利な半面、使い方が難しかったり、利用条件が厳しいと中々手が出しにくいものです。

この問題についても「Phoenix(フェニックス)」はユーザーライクで、幅広い方が利用しやすくなっているのは魅力となっています。

 

まず動作はWordpress(ワードプレス)で行われるので、この機能が使えるサーバーが必要になります。

 

他の動作条件はあまり厳しくはないため、簡単に考えればWordpress(ワードプレス)が入っているサーバーを用意すれば、たいていのケースで「Phoenix(フェニックス)」は動作するでしょう。

 

公式サイトでは動作確認済みのサーバーが多数紹介されているので、これを確認しておくと安心です。

 

特に有名所や信頼性のあるサーバーで動作してくれるようになっています。

 

サーバーが用意できたら、後の設定も割と簡単です。

 

まずは通常のブログのようにWordpress(ワードプレス)をインストールして、ドメイン設定を行っていきます。

 

その後は設定・管理の画面より「Phoenix(フェニックス)」をアップロードしていけば準備はほぼ完了です。

 

後は付属してきた図入りの取り扱い説明書を見ながら、設定を進めていって下さい。

 

ここまでの作業は慣れにもよりますが、15分もあれば片付くことが多いでしょう。

 

ここまでの作業を終えると、いよいよポータルサイトの構築を行っていきます。

 

レイアウトなどを決めて自由に設計していきます。

 

この辺りは作るサイトの複雑さや、ユーザーの操作への慣れも影響してくるものの、大体は1時間から2時間もあれば、一つのサイトを完成することが可能です。

 

 

収入を得るためのギミックも多彩

ホームページで収益を行うには、沢山のアクセスを得ることが欠かせません。

自分で設置した広告を、自分でクリックしまくるようなことをすると、ブロックされてしまう可能性が高いです。

 

そのためにアクセスしてきた来訪者にクリックしてもらうのですが、これが中々に大変となります。

 

1%の人がクリックしてくれるなら、一日100人のアクセスを集めないと、毎日収益することは難しくなるわけです。

 

このためにどんな方法でアクセスを集めるかはアフィリエイターの悩みどころなのですが、「Phoenix(フェニックス)」は役立つ仕組みが多数用意されていますので、他に比べて優位を目指せます。

 

例えばSNS連携は強みで、初期アクセスを稼ぎやすくなります。

 

他にも自動で検索エンジンの方に更新通知を出してくれるため、効率的に作ったページをアピールすることが可能です。

 

また広告に関しても色々な仕組みが用意されているので、これもアフィリエイトに役立ちます。

 

自動で広告が挿入されるのは当然として、「Forced display機能」が搭載されており、効率的に見せたい広告をアピールできるのが強みとなります。

 

また一定のページにアクセスを集中したいような場合には、「Open togetherPage機能」が役立つでしょう。

 

こちらは管理者の狙ったページを相手に開いてもらいやすくするための機能で、訪問者に対して積極的なアピールが可能となります。

 

もちろん他にも細かなツールや機能が搭載されており、かゆいところに手が届くような設計となっています。

 

 

購入特典が大量についてくるのはメリット

Phoenix(フェニックス)」を購入すると本体の仕様についての解説書だけではなく、アフィリエイトに役立ちそうなノウハウも大量についてくるのがメリットです。

これだけでも自分で会得しようとすると大変なので、大いに役立ってくれるでしょう。

 

色々と紹介されているので初心者でも、安心して検討しやすくなっています。

 

色々なものが付いてきますので、ざっと見てきます。

 

まずは「Phoenix(フェニックス)」の導入と使えるサーバーの借り方などの紹介が付属しています。

 

特にジャンルによってはサーバーの使い分けが重要になってくるので、ここは気をつけたいポイントです。

 

アダルトジャンルを扱う時のサーバー選びや、その他の注意点もあります。

 

他にはおすすめのジャンルと、その構築方法が紹介されいているのも嬉しいポイントです。

 

単にポータルサイトと言っても内容は千差万別で、何でも扱うものもあれば、一定のジャンルに特化したものもあります。

 

勝負しやすいのは内容を専門的に特化したタイプのものですが、「Phoenix(フェニックス)」はこの点のノウハウがマニュアル化されているので役立ってくれるはずです。

 

後は広告の使い分けについても紹介してくれているので、これは参考になってきます。

 

広告には基本的にクリック型と成約型があり、この使い分けも重要なポイントになってくるのです。

 

他にも自動更新における注意点や、SNSとの連携などについても紹介があります。

 

この内容については適宜見直しがあると思われますので、購入前には良くリサーチしてから判断するのがおすすめです。

 

 

気になるサポートの充実度もチェック

このようなソフトウェアでは、多くの場合で

・売ったら終わり

・契約したら後は知らない

と言うようなケースが珍しくはありません。

しかし「Phoenix(フェニックス)」は公式サイトの方で色々とサポートしてくれる取り組みがあるので、これは強みとなっています。

 

とりあえず買ってみたけど、やるべきことが見当たらない方や、サーバーの設置などの作業が不安な場合もあるはずです。

 

そのような場合でもスタッフが支援してくれるのは、安心感があります。

 

サポートに関しては、購入すると専用の窓口が紹介されているので、そこから色々な相談を行うことが可能です。

技術的にわかりにくいことを教えてもらったり、色々なノウハウなどについても相談していくことができます。

 

特にアフィリエイトは行き詰まってしまうことも珍しくはなく、そこで足掻いて下手なことをしてしまい、検索エンジンからペナルティーを受け取ることもしばしばしばあるのです。

 

ここでサポートが付いてるなら、解決の糸口も見いだせるかも知れませんし、相談できる相手がいると言うのはとても心強く感じられるものです。

 

もちろん誰でも簡単に使えるようになっているために、サポートは必要ないと感じる方も少なくはないでしょう。

 

このために「Phoenix(フェニックス)」ではサポートが付属しているプランと、そうではないプランの二種を用意しています。

 

好きな方を選べるので予算などとの兼ね合いを考えて、判断していくのがおすすめ。

 

サポートプランでは、40日間のサポート期間を無償で付けてくれていますので、契約前にはチェックしておきましょう。

 

 

Phoenixユーザーの感想まとめ

Phoenix(フェニックス)」を購入した方の、実際のレビューを集めてみました。

これから購入する時には、実際の使用感については気になるポイントですから、目を通しておきましょう。

 

まず操作性についてですが、こちらは公式サイトの宣伝通り小一時間もあればサイト構築を終えられるようになっているようです。

 

作業に慣れていることも必要かと思いますが、早い方では30分で一つのサイトを作り終えた方もありました。

 

色々と設定をしていくと更に時間は掛かるものの、HTMLやCSSの他にCGIを駆使するのに比べれば、かなり手軽に作れます。

 

また初心者でも扱いやすいかと言う点ですが、レビューの中にはおすすめできると言う意見がありました。

 

パズルのようにサイトを構築できますし、クオリティーも高いと評価しています。

 

マニュアルの方も参考になるもので、初心者でもサイト構築からアフィリエイトまで、前向きに挑戦しやすいとのことでした。

 

自動更新についても一定の評価があり、本当に何もしなくてもコンテンツが増えていくとのことです。

 

最後に収益性に関してですが、自動更新と言えど

「何もしないで勝手に儲かる」

と言うことはないとの意見が見当たります。

 

確かに全てのコンテンツを自分で作るのに比べて、手間は掛からないようです。

 

ただし最初の設計やサイトづくりなど、地道が努力が必要な点は感じられるとのことでした。

 

楽して稼げるとは言えそうにないですが、コツコツと努力できる時には、可能性が感じられるツールとの評価が見当たります。

 

アフィリエイトにおいては大きな武器になりえるポータルサイト。

 

その作成を簡単にし、コンテンツも自動で集めてくれる「Phoenix(フェニックス)」の魅力について紹介してきました。

 

ポータスサイトの運営自体は注目を集めている手法ですが、敷居が高いので参入者が増えにくい特徴があります。

 

Phoenix(フェニックス)」ならその点、参入を強力にバックアップしてくれるので、頼れる存在でしょう。

 

初期費用はかかりますが分割払いにも対応があるので、資金面でも検討しやすいです。

 

公式サイトではしばしば特売キャンペーンを行っているので、この機会にチェックしてみるのがおすすめできます。

 

 

 

 

 

 

ITエンジニア専門の転職サイト
記事を検索
はじめまして、40歳の中年会社員のあきらと申します

はじめまして、40歳の中年会社員のあきらと申します。

僕は、いろいろな副業(ネットビジネス)に手を出しては失敗を繰り返し、かかった費用が200万円近くに。

下記に僕のこれまでの経緯を記事にしましたのでご興味がある方はぜひお読みください。

⇒40歳の会社員が副業(アフィリエイト)を初めて分かったこと

閲覧ランキング