40歳の中年サラリーマンが副業で200万円の大損から回復した稼げるおすすめの方法

キーワードスカウターSTをインストールしてみました

2016/06/24

こんばんは@40代サラリーマンのあきらです。

 

今回は「キーワードスカウターST」をインストールしてみましたので、ご紹介します。

 

このキーワードスカウターSTとは、キーワードを探すためのツールです。

 

⇒キーワードスカウターSはこちら

 

インストールには、大きく分けて6つあります。

詳しい内容はマニュアルが付属していますのでそちらを参照してください。

 

1.Javaのインストール

まず、Javaをインストールします。

できるだけ最新のバージョンをインストールしてください。

 

2.起動用アカウント情報の登録

ライセンスの登録を行います。

 

3.キーワードスカウターのインストール

「キーワードスカウター」をインストールします。

exeファイルになりますので1台のPCのみで使用できます。

インストール後にデスクトップのアイコンから起動するとライセンス認証画面が表示されますので、2で登録したメールアドレスとパスワードを入力して登録します。

 

4.Mozアカウントの作成とAPI情報の取得

キーワードスカウターが起動できるようになったら、まず行うのがMoz設定です。

Mozアカウントの作成からSecret Keyの作成を行います。

Access IDとSecret Keyが作成出来たら「キーワードスカウター」に登録します。

 

5.Yahoo!プロモーション広告のアカウント作成とキーワード取得

Yahoo!プロモーション広告のアカウントを作成します。

Yahoo! IDとは異なりますのでYahoo! IDを持っていても作成してください。

 

登録時に会社名などを入力する部分がありますが、適当で構いません。

(〇〇商事、〇〇屋など。)

 

メールアドレスにはフリーメール(Yahoo!やGmail等)使用できません。

フリーメール以外のメールアドレスを用意してください。

 

作成後にYahoo! IDと連携することもできます。

 

ここで、「かんたん広告作成」を設定しないようにしてください。

広告費用が掛かってしまいます。

かんたん広告をスキップするようにしてください。

 

ログイン後、キーワードを抽出し、csvファイルでキーワードスカウターに取り込みます。

 

6.Googleアカウントの作成とキーワード情報取得

Googleは通常のアカウントが必要です。

アカウントをお持ちであればそれを使用します。

 

通常のアカウントを登録後、GoogleAdWordsの登録を行います。

こちらも広告費用の設定がありますが、記述どおりに設定すれば費用は掛かりません。

 

入札単価や広告タイトル、支払いタイプなどを入力する画面が出ますがひるまずに進んでください。

こちらもアカウント作成後にキーワードプランナーからcsvファイルを取得し、キーワードスカウターで取り込みます。

 

 

以上で、初期設定が完了です。

お疲れ様でした。

 

次回は実際に使用してみましょう。

キーワードスカウターSTを使用してみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ITエンジニア専門の転職サイト
記事を検索
はじめまして、40歳の中年会社員のあきらと申します

はじめまして、40歳の中年会社員のあきらと申します。

僕は、いろいろな副業(ネットビジネス)に手を出しては失敗を繰り返し、かかった費用が200万円近くに。

下記に僕のこれまでの経緯を記事にしましたのでご興味がある方はぜひお読みください。

⇒40歳の会社員が副業(アフィリエイト)を初めて分かったこと

閲覧ランキング